健康診断の受診すべき検査項目

>

いろんな検査を調べてみよう

私たちの健康診断には様々な検査を受けて、どんな病気がかかっているのか、また未然に防げられるのか、そういった不安を解決するべく目的があるのです。
自分の体重や身長などを把握した検査では、動脈硬化、栄養失調、糖尿病などの生活習慣病の主な原因調査をすることができます。
次は視力検査について、どんな病気が起り得るか、またそれを未然に防ぐ病気とは何かを述べていきます。
よく聞くのは近視、遠視、乱視などが多いですね。
その次は白内障、網膜剥離などが挙げられます。
この二つには要注意ですので早めに医療機関での受診をお勧めいたします。
聴力検査では、外耳炎、内耳炎などの検査が行えます。
また、年を重ねるごとに耳が遠くなってしまうことにもなり得るため、ここでの検査も重要になっていくでしょう。

まだまだ検査の種類はたくさんある

先ほどの項目のほかにもまだまだたくさんあります。
胸部聴診、腹部触診を行い、肺の呼吸音や心臓の収縮や拡張を確認して不規則な呼吸かどうかを検査していきます。
これらにより心臓の病気や呼吸器系の病気、循環器系の病気や消化器系の病気を検査することができます。
血圧の検査ならば、脳卒中や高血圧症、動脈硬化症、心疾患という病気に関しているので、その病気になり得るのかを診てもらえます。
続いては尿検査で、これは尿蛋白による検査でじん臓病や結石、溶血性貧血を調べてもらえます。
尿検査で血清クレアチニンなどで肝硬変や心不全、じん臓病や感染症に対する検査もできますので違和感があれば聞いてみましょう。
その他にもまだまだ検査の項目はたくさんありますので、一度リサーチしてみてはどうでしょうか。


どんな検査があるの

この記事をシェアする